2008年04月08日
【最近のペット事情】
最近はやりの「デブ猫」ちゃんについて
719558546_73.jpg いわゆる肥満のネコちゃんをたくさんみていますが、見た目はやっぱり思わず笑ってしまうくらいかわいいですね。
でも人間同様もちろんよくないです。
テレビでも病院にかかったことがないと飼い主さんはいっていますが見た目だけじゃわかりませんし血液検査をすれば何らかはでてくると思います。
手術をしていても開腹すると脂肪がたくさんあるのがわかります。
脂肪があると手術もやりにくいのです。
なので将来のことを考えてやるのならあれは飼い主さんの責任ですから、なにかしら手を打つことは必要です。

運動させるのが一番ですが、室内外で留守がちだとなかなかそうもいかないのが飼い主さんの現状ですよね。
ですから、食べさせすぎない、ローカロリーのフードを選ぶなどのアプローチも肝心です。
特に多頭飼いですと、ついついおデブちゃんが他のこの分までがつがつ食べてしまっているかもしれません。
ですので、なるべく少量を数回にわけて目の届く範囲で食べさせてあげるのが良いかと思います。

写真は患者さんのコケッチ君(6歳)です。
もともと親猫も野良ですが大柄で、兄妹もメスで5kgと大きく、そういう家系でもありますが、ちょっとずつ太って今では9kg越えで、デブネコ界では小結くらいの感じです。

近々もっと運動できる広さのある家に越されるという話ですが、ネコちゃんの場合走り回る広さよりも上下運動できる高低差をなるべく作ってあげるのが良いかと思います。

人間も動物もメタボリックには気をつけたいものですね。
blog-photo-1177168759.89-0.jpg 071007_0002~01.jpg

▲このページのトップへ