【ネコちゃんについて】
ネコを飼っていますが、予防接種を受けたほうがよいと聞いています。どのような予防接種なのか、またどんな種類があるのでしょうか。
現在、日本で行われている予防接種は、次の3種混合ワクチンを中心として、
1.猫ウイルス鼻気管炎
2.猫カリシウイルス感染症
3.猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症を追加した4種混合、さらにクラミジアのワクチンを追加した5種混合があります。

猫ウイルス鼻気管炎や猫カリシウイルスは、屋外の猫では頻繁に見られるウイルス感染症です。
猫ウイルス鼻気管炎は発熱、鼻水や涙が見られ、気管支炎、結膜炎を引き起こします。
猫カリシウイルスは、口内炎や舌炎を起こすことで知られています。
猫汎白血球減少症は、激しい嘔吐と下痢を起こし、白血球減少症を引き起こします。子猫の場合、脱水や栄養不良などにより死亡してしまう可能性もあります。
ネコを飼い始めて1週間位して家に慣れたら動物病院へ連れて行かれることをお勧めします。

▲このページのトップへ